ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

救命講習

こんにちは。安積です。

6月16日(日)に宝塚市消防署が行っている、救命講習を受講してきました。
朝の9時30分から12時30分までと限られた時間でしたが、とても勉強になりました。

受講内容としては
・心臓マッサージ(胸骨圧迫)
・人口呼吸
・AEDの操作方法
・喉を詰まらせ呼吸が出来ない人への対処法
・止血法
でした。

受講時のテキストです

消防の方の講義を受けた後、グループに分かれ練習を行いました。
今の日本は、救急の連絡が入ってから救急車が到着するまで全国平均が8~9分だといわれています。この間に当事者は何が出来るかということをしっかりと確認し、シミュレーションを行いました。

私はトレーナーとしても個人やチームに携わっていますので、このような知識と経験は必要だと考えています。
また仕事をしている時や、日常生活でも起こり得ることですので冷静に対処できるように日々心掛けていきたいと思います。

救急法は5年に1回改正されるとのことです。
医療も日々進歩し、古い知識が間違っていることもあります。
常に新しい情報を取り入れ、仕事や日常生活に役立てていきたいと思います。

講習の終了後に、修了証を頂きました

 

2019年06月21日

セイコーゴールデングランプリ

こんにちは。管理人の安積です。
久しぶりの登場となります。

さて、5月19日に長居スタジアムにて行われましたセイコーゴールデングランプリに行ってきました。
当日は風が強く、記録は出にくいのかなと思いましたが、素晴らしいタイムが数多く出ました。

 

私は一日多田修平選手についており、レースもスタンドで観ていました。
ここ数年陸上競技の人気も右肩上がりで、特に短距離種目とリレー種目はたくさんの方が注目していると肌で感じました。

4×100Mリレーでは、本当に注目が高くこの日一日で観客数が一番多かったように思います。リレー種目は、一週間前に行われた世界リレーでバトンミスがあったのでその雪辱が果たせたと思います。
当日のレース前にも、アップ会場にてナショナルチーム(スタッフ含む)が円陣を組み本気度が伝わってきました。

今年の夏にはドーハにて世界選手権、来年の夏には東京にてオリンピックが開催されます。
私も含め、皆さん日本チームの応援宜しくお願い致します!!

2019年05月28日

ベトナム実習

こんにちは。長橋です。
今回の投稿が初めてとなりますが、皆さん宜しくお願いします!

さて、3月12日~3月19日までベトナムのホーチミンに解剖実習へ行ってきました。
期間中のベトナムは30度を超える暑さでした。

今回の実習の目的は主に2つでした。
1つ目は、日本ではできない解剖を経験すること。
2つ目は、筋や内臓などの解剖学的な知識の復習です。

今回の実習講義室です。ホーチミン市医科薬科大学にて。

今までの勉強で覚えていた部分でも、個体差がかなりあったりと驚くことが多かったです。
覚えきれてなかった部分については、実際に見て確認することができました。

また、勉強以外でもベトナムの食や文化の体験ができたことや、他校の生徒との交流ができたことなど新たな発見もありました。
実習全体を通してとても有意義に過ごせたかなと思っています。
また機会があれば来年も参加してみたいなと思います。

真ん中が長橋です。大学の正門前にてパシャリ。


2019年04月10日

東京マラソン

こんにちは。安積です。

先の3月3日に行われました、東京マラソンの大会救護に参加してきました。
当日は朝から雨で、気温も低く活動は思ったよりも大変でした!

一日雨の中での活動でした!!

私の担当場所は26km地点であり、大会役員、医師、看護師、トレーナー、消防隊員、ボランティア等で選手をサポートしました。

私はトレーナーとして、主に二つの仕事をしました。
一つ目は、ランナー観察と救護所への搬送です。
二つ目は、テーピング、ストレッチ等を行い再びレースに復帰して頂くという処置です。
途中、病院搬送や、救急搬送があり救護所内は慌ただしい時がありましたが、大きなトラブルがなく終える事ができました。

医師、看護師、トレーナーでランナー観察。

この東京マラソンは、世界6大マラソンの一つであり、海外からの招待選手も多数参加していました。
今年度はこの東京マラソンで私の大会サポートは終了となります。
また来年度も選手、大会サポートが出来るようトレーナー活動を続けていきます。

2019年03月12日

日本選手権競歩

こんにちは。安積です。

2月17日に行われました、陸上競技「日本選手権20km競歩」の大会救護に参加してきました。
この大会は、今年ドーハで行われる世界選手権の選考レースでもありました。
トップレベルの選手が集まり、また当院来院の患者さんも選手として参加されていました。

活動としては、メディカルとして負傷者の搬送、また倒れ込んだ選手の搬送が必要かの見極め等を行いました。
一日を通して大きな怪我人も出ず、病院搬送もありませんでした。

 

普段のトレーナー活動とは違い、大きな大会になればなるほど救護活動の難しさが出てきます。まずはメディアとの位置関係です。テレビカメラや広告がどこにあるかをまずは確認し、救護活動の立ち位置を決めます。メディカルは決して目立ってはいけません。
そしてもう一つは、瞬時の判断です。倒れた選手や見ていて危ない選手を必ず救護したら良いというわけではありません。レース中に私たちが手を出したら失格になることもあるからです。しかし、命の危険性がある場合は救護が必要になるので、その時の判断が一番難しいです。

当院のスタッフは治療所以外でも様々な経験を積んでいます。自分の知識向上はもちろんですが、色々なことを勉強することによってそのことが患者さんに還元出来ると考えています。

大会終了後のひと時です。(左端が安積)

2019年02月18日
» 続きを読む