院内設備

施設のご案内

施設写真

院内風景です。施術スペースと受付です。
施術を行うベッド以外にも理学療法機器を充実させております。


院内機器について

エコー(超音波機器)

エコー検査(超音波検査)とは、超音波を対象物に当ててその反射を映像化することで、対象物の内部の状態を把握することの出来る画像検査機器です。
骨折等の症状はもちろん、関節に水が溜まっていたり肉離れの症状にも詳しく検査することが出来ます。



低周波治療器、SSP

機器写真

低周波治療器とは、微弱な電気を直接患部に与え身体を整えていく治療器です。機械本体から接続されているパッドを身体の関節もしくは筋肉に直接あて電気を流していきます。
効果としては痛みの軽減、血流促進、硬くなった筋肉の改善、麻痺した筋萎縮の予防などがあります。

干渉波治療器

干渉波治療器とは、上記の低周波治療器とほぼ同じですが電流の違う導子をぶつけ合うことで、体内の深部まで電流を届かせることが出来ます。
効果としては、痛みの軽減、血流促進、硬くなった筋肉の改善、麻痺した筋委縮の予防などがあります。

マイクロ波治療器

マイクロ波治療とは、患部に直接照射し体の深部から温めていく温熱療法です。
効果としては、身体を温めるのはもちろん痛みの軽減にもつながります。

牽引(頸椎)

こちらは頸椎の牽引機器になります。患者様の症状にあわせ、牽引する力や時間を調整することが可能です。
効果としては、持続的に牽引することにより、症状の軽減を図り椎間関節周囲にある軟部組織をゆっくりと伸ばします。

牽引(腰椎)

こちらは腰椎の牽引機器になります。当院では持続牽引の中でも自重牽引を取り入れています。自分の体重を利用して牽引していますので安心です。
効果としては関節疾患に対する痛みの軽減、関節拘縮の予防または軽度の矯正、関節の免荷(荷重をかけないこと)などがあります。