日本選手権競歩

こんにちは。安積です。

2月17日に行われました、陸上競技「日本選手権20km競歩」の大会救護に参加してきました。
この大会は、今年ドーハで行われる世界選手権の選考レースでもありました。
トップレベルの選手が集まり、また当院来院の患者さんも選手として参加されていました。

活動としては、メディカルとして負傷者の搬送、また倒れ込んだ選手の搬送が必要かの見極め等を行いました。
一日を通して大きな怪我人も出ず、病院搬送もありませんでした。

 

普段のトレーナー活動とは違い、大きな大会になればなるほど救護活動の難しさが出てきます。まずはメディアとの位置関係です。テレビカメラや広告がどこにあるかをまずは確認し、救護活動の立ち位置を決めます。メディカルは決して目立ってはいけません。
そしてもう一つは、瞬時の判断です。倒れた選手や見ていて危ない選手を必ず救護したら良いというわけではありません。レース中に私たちが手を出したら失格になることもあるからです。しかし、命の危険性がある場合は救護が必要になるので、その時の判断が一番難しいです。

当院のスタッフは治療所以外でも様々な経験を積んでいます。自分の知識向上はもちろんですが、色々なことを勉強することによってそのことが患者さんに還元出来ると考えています。

大会終了後のひと時です。(左端が安積)

2019年02月18日