施術例

〇〇様 女性
【主訴】腰部、左股関節部の痛み。

【局所所見】軽度の臼蓋不具合を疑わせる所見あり。

【全体所見】軽度右凸側弯、前額面にて、右肩下方変位。右短下肢。

【施術】骨盤調整などの施術

【施術後】右短下肢部、右肩部の変位回復を確認(画像)。

【ポイント】現病歴や既往歴、所見などから「臼蓋形成不全」を予測。念のため、過去に股関節疾患の指摘の有無について尋ねたところ、健康診断で指摘されたことを思い出されて、本人に説明、施術を行った。
施術後より、右肩が下がる歪み(姿勢)が改善され(画像)、それに伴い股関節部の痛み等が改善されていき、スポーツ活動などにも支障をきたさないレベルになってきている。
このように、局所の不具合が、全体の歪みに影響することもあります。当院では、患者様の訴えを詳細にお聞きして、所見をとり、原因などを確認、説明の上、施術を行っていきます。
【画像は、患者様の承諾を得たうえで掲載させていただいております。】

 

 


2019年10月29日