施術例②

【産後矯正】〇〇様 〇〇歳 女性

【現病歴】物を拾おうとかがんだ時に、腰周りが痛んだ。

【既往歴】産後より度々同様の痛みがでる。

【初診時局所所見】局所圧痛、身体の屈曲回旋運動時痛等。神経学的所見なし。

【初診時全体所見(画像左側)】前額面にて右肩上方変位。矢状面にて脊柱カーブ減少(特に腰部)の印象あり。

【施術方針】「産後骨盤矯正」等の施術を行いました。

【初回施術前(画像左)~1週間後施術後(画像右)】右肩部変位の回復。脊柱矢状面カーブの回復を確認しました(画像左→右)。

【ポイント】初診時自覚症状の原因について、局所の理学的所見と全体のモニタリングを行い、局所の状況を説明、一方で全体が局所に及ぼす作用を説明のうえ、施術を行いました。施術前後の全体の変化について、初診時から1週間後の画像を用いての状態の説明を行いました。施術後より自覚症状の軽減もみられ、画像上での改善も実感していただけているようで、続けてご通院いただいています。(画像等情報は、患者様の了解を得たうえで掲載させていただいております。)

2019年11月12日