施術について

寝ている時やテレビを観ているときなどに無理な態勢が長時間続くことで、持続的に首、肩、背中に負担が掛かる事により骨盤が歪んだり、筋肉や関節に炎症が起こります。

この状態で朝目覚めて起き上がろうとした時、首を回そうとした時に痛みが発生し、また無理な態勢 のままで骨盤が歪み筋肉が固まってしまっているので、正常な可動域の中でも動かす事により痛みやこり感を伴うのです。

また急に後ろを振り向いた時、横になりながら腕を枕にしてテレビを見ている時に態勢を変えようとした時、電車の中でうたた寝をしてい た時などにも痛みが出現したりします。 無理な身体の動かし方をする事で、首の筋肉や肩回りの筋肉に負担が掛かり、筋肉痛が酷くなった様 な痛みが出ます。

痛みやこり感を抑える為に湿布を貼って軽 く冷やしたりすると痛みは引いていくこともありますが、根本的な治療とはなりません。骨盤調整など総合的に治療をする事でより痛みが早く引いていきます。肩こりなど、肩周辺に痛みがあれば、出来るだけ早く受診しましょう!

「すぐに良くなるだろう」「自分で軽くマッサー ジしておこう」と自己判断で経過をみてしまうと、余計に症状が悪化する事があります。 また、寝違いなどの痛みは疲労が溜まっている時や冷えた場所に長時間いた時に起こりやすいといわれています。 特にデスクワークの方や普段から同じ姿勢で仕事をしている方は、肩の痛みやこり感が突発的に起こることもあります。

ご不明な点や疑わしい症状があればいつ でも当院スタッフにご相談下さい。

2020年03月31日